【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

『真田丸』 信州上田に関して

【真田丸】 ゆかりの地~信州上田とは?

上田城跡
真田丸信州上田とは?
長野県の中央よりもやや北よりにある信州上田は、2016年の大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地として注目を浴びています。
この信州上田、どのような場所なのでしょうか。


スポンサーリンク

信州上田城について

信州上田城跡 真田丸の主人公である真田幸村こと真田信繁の故郷である信州上田には、戦国武将であった真田氏ゆかりの地としてさまざまな史跡があります。

現在は公園として整備されれいる上田城は、幸村の父親である昌幸が築城した平城で戦国末期に、徳川の軍勢を2度も撃破した名城なんです。

他にも上田城築城前に真田氏が居住していた「お屋敷」や菩提寺である長谷寺などさまざまな名所があります。上田城や長谷寺は、春には桜がとてもきれいに咲く名所にもなっています。

上田城に関するイベントや祭り

上田城千本桜まつり 真田氏にまつわるイベントや祭りも多く、春には上田真田まつり、夏には真田まつり、秋には真田幸村出陣ねぷたなどがあります。
上田市は真田氏ゆかりの史跡以外にも、美ヶ原高原や角間渓谷、鹿教湯温泉などさまざまな観光名所もあります。

冬にはスキー場もありますので、多くのスキーヤー、スノーボーダーでにぎわう土地でもあります。初夏にはほたるなども飛び交う自然豊かな土地である信州上田に、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 
Return Top