【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

真田十勇士

【舞台】真田十勇士2015の評判や感想は?

舞台 真田十勇士 舞台
真田十勇士は舞台でも人気があり、2015年は上川達也が主演しています。
真田十勇士が人気なのは舞台なのに本格的な殺陣でファンも納得のクォリティです。

豊臣秀吉から徳川家康へと覇権が移って行く大阪の陣の周辺のできごとが秀逸に描かれています。


スポンサーリンク

『舞台』真田十勇士とは?


劣勢である豊臣方への忠誠を貫き、徳川家康を討ち取る寸前までいったのが、真田幸村であり、戦国武将として絶大な人気があります。

真田十勇士2015の評判はよく、上川達也ファンでなくても、好評です。
彼は、大地の子という名作に主演していて、中国残留孤児の人生を名演していました。当時まだ無名で、ドラマ初出演なのにいきなり大作に主演するという大抜擢された俳優です。

舞台 真田十勇士2015の感想は?


実際の真田十勇士2015を見た感想ですが、やっぱり舞台は生の演技なので楽しいですし、何といっても生の上川達也を見れるのが嬉しいです。

物語の後半でわかる猿飛佐助が秀吉の子供だったという設定が面白く、猿飛という苗字が秀吉を越えるという意味で付けられたというのが上手いと感じました。

ただ、真田十勇士に海野六郎がいなくて、幸村の息子である真田大助が居るパターンだったのが少し残念です。

スポンサーリンク
 
Return Top