【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

大河ドラマ『真田丸』

大河ドラマ 『真田丸』 実際の史実とは?

真田丸 九度山 大河ドラマでついに真田丸が登場することになりました。
そこで気になるのが、実際の史実と、真田丸における脚本がどうなるかです!!


スポンサーリンク

真田丸の史実とは?

来年の大河ドラマが真田丸ということで今話題になっていますが、どのくらい史実に即した内容になるのでしょう。
真田丸の実際の史実は、江戸時代初期の大坂の陣で、活躍したのが真田幸村です。

特に大坂夏の陣では、寡兵3500をひきいて、徳川家康の本陣まで攻め込み、家康を追いつめたと言われています。
戦国乱世最後の英雄として伝えられていて、江戸幕府や諸大名家の各種史料にその戦将振りが記録されています!!

大河ドラマ『真田丸』は史実に基づく?

三谷幸喜 真田丸 その史実を基に、講談や小説なども多数あり、徳川家康に果敢に挑む英雄的武将として真田幸村は知られています。大河ドラマ 真田丸は、三谷幸喜が監督するもので、史実はあまり重視しません。

あくまで自分のイメージで進んでいきます。小説から得た人物イメージを元に、無邪気に無批判に増幅することで物語を作っています。

ただ、三谷幸喜はどちらかというと史実を重視するタイプなので、それほど史実から逸脱することはないでしょう。史実から大きく逸れなければ、ドラマなので面白くしてくれたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
 
Return Top