【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

【真田丸】 大河ドラマゆかりの地〜九度山〜

『真田丸』 九度山に関して

大河『真田丸』 和歌山県九度山町でキャッチコピー・キャラクター決定!!

真田丸 九度山
キャラクター真田丸
2016年のNHKの大河ドラマが「真田丸」に決定し、所縁の地では町おこしを兼ねた様々なイベントが行われます。

幸村の隠里として知られる和歌山県九度山町でも、「真田丸」にかかるキャッチコピーやキャラクターの募集が行われました。


スポンサーリンク

真田丸のキャラクター決定

このキャッチコピーやキャラクターの募集には、キャラクターは111件の応募があり、九度山町に設置された【大河ドラマ「真田丸」くどやま推進協議会メンバー】の選考委員会によって、キャラクターとキャッチコピーが決定しました。

ゆきむらさま
キャラクターは「ゆきむらさま」という幸村のカリスマ的なイメージを象徴しつつも、親しみやすいキャラクターとして表現されています。今後は着ぐるみやキャラクターグッズなども製作されるようですよ。

真田丸のキャッチコピーは?

キャッチコピーは687件の多くの応募があり、その中から印象的なものに
そのキャッチコピーは「九度山は真田のこころ生きる郷」に決定しています。

幸村の49年の生涯の中で、実はこの九度山にいた14年間は幸村が一所で過ごした時間としては一番長い時間だったそうです。
戦乱を生き、九度山で安らぎや人間らしさを体感したであろう幸村のこころを表現しているそうです。

どちらも素晴らしいキャラクター、キャッチコピーになりましたよね。

スポンサーリンク
 
Return Top